ダットサン SP/SR オーナーズクラブ・ DATSUN SP/SR OWNER'S CLUB


「ダットサンSP/SRオーナーズクラブ」 SROC メンバーがそれぞれ書き込んでいく形で運営していきます
クラブ員は個々にIDが登録可能で自由に投稿することができます
参加していただける方は、右下の「はじめに」をご覧下さい

SROCではクラブ内外を問わずにSP/SR/CSPに関するイベント・行事・等の広報活動の一部としてこのブログをご利用いただけます。
まずはコメント等で連絡をください。

SROCでは「部品等の探しています」コーナーを設けます、クラブ内外を問わずSP/SR関係でお探しの部品がある方はコメント等で連絡をいただけましたら、このブログにて掲載・展開できます。

毎年この頃に近所の施設でCGクラブのイベントが行われています。
何故か今年はCGクラブのWEBに案内がありません、今年はないのかな?

それはともかく、リンクでCGの過去のアーカイブから各コンビニに設置のマルチプリンターで、好きな画像をプリントできるサービスを見つけたのでやってみた。

image


image


サイズは手のひらぐらいのL版、300円は高いと感じる、
左上にCG・・・のクレジットが大きくて邪魔
外が雨で少し濡れてしまった。
カラー写真はなかったのか?

image


写真そのものは69年の4月のロードテスト時のもの、アングル違いの同じような写真があります。
それよりもはるかに鮮明で測定器の配線まで見えます。

後ろバンパーを取り外して第五輪を装着、トラクションがかかっているのか、既に縦Gがかかっているのか、僅かに後輪を沈めながら谷田部のバンクに向かいフルスロットルで加速中にも見えます。

わずかに映る後ろ姿は小林彰太郎さんか?
記事によると五速・四速ともに最高速は190キロを記録、タイヤはバイアスからダンロップSP3ラジアル165SR14を装着、180キロ超でNVH/ノイズ・バイブレーション・ハーシュネスのインプレッションをしている、すごいな。

グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード
エンスー系カー雑誌を お読みの方は英国のグッドウッドフェスティバルをご存知でしょう。
ベテランカーバイクから今年のF1・ラリーカーまで網羅する世界最大との評判です。

その数ヶ月後に開催されるのは旧車に的を絞ったグッドウッドリバイバルです。
特にベテラン・クラッシックの分野では参加者・車もクオリティの高いことはもちろん、スタッフや見学者も当時の様子を再現すべくドレスコードが必須だそうです。
アメリカや日本のクラッシックカーイベントとは一味違う内容です。


image

上の画像は公開されているある方のインスタグラムのスクリーンショットです。
お顔立ちから最初は日本人と思いましたが、どうやら英国ではなくオランダに住むアジアをバックグラウンドに持つ方のようです。
車はSPL311かな? ヨーロッパでSP/SRとはたいへん少数派とおもいます。
ピクニックバスケットとシャンパン、お召し物もジェントル&スポーティです。

同じくこのインスタのこの動画はカー雑誌で無い、見学者目線から見た様子が面白い、いいな。

次のインスタは神戸を拠点に活躍しているモータージャーナリスト「HIRO」氏のもの
同じくグッドウッドリバイバルの取材に訪英していました。
クラッチマガジンによく訪英時の記事を投稿されていますが、CGやカーマガジンに劣らない内容です。
ぜひ今後はバイクだけでなく国産スポーツカーにもスポットを当ててほしいな。

hiro1


五嶋

 

先達にウオーターポンプシールについて問うと、「U20のパーツリストには載っていないがR16には載っている」とのこと、よく意味がわからなかったが、やっとわかった。
そういうことか。

U20には挿絵の番号が欠落している。

r161


u201


長く多くの台数の点検修理をやってきた人は違うな。
昔は入手できたのね。


image


五嶋

キャブレター下のヒーターホースがブレーキチューブと干渉して一部分だけ布巻きがほどけています。
判りにくいですがそこのホースのゴム厚が薄くなっており、なぜかプクリと膨らんでいます。
内圧で伸びたのか?

image


もちろん部品はないので患部以下を切り取り、金属ジョイントと直ホースで修理。

大昔(昭和60年頃かな?)はパーツリストには載っていないが各車種の「ヒーターホースセット」の部品設定が有り、ホース数本とバンドがひと袋になったものがあった。
その日産のカタログにはSR311・U20用のヒーターホースセットの部品番号は載ってたが、既に入手はできなかった。

アメリカのショップが販売しているSRL用のヒーターホースセットはSRに上手くつくのかな?
やったことのある方お教えください。

五嶋

先日、当ブログにコンテッサのエンスージャストからコメントをいただきました。
「SRは最近部品が入りにくくなった」と、20数年も前からぼやいている私にはありがたい「喝」でした。
絶版車を超えて、既にそのメーカーさえなくなったに等しいバイク・車を修理している方には頭が下がります。

たとえばこのウオーターポンプは今は常時日産が在庫しているわけではないようだが今回は10日後ぐらいの納期が日産部品から出た。
そのとうりに納品され価格は定価35000円でした。

高い安いは別として、今後の入手が確約されているわけではない。
逆にいま交換すると、次に故障で交換するときは乗って距離を含んだ故障ではなく
時間経過での故障かな?

先達に問うと「組み立て式のオイルシールはパーツリストを読み込み日産から
昔に何個か取り、在庫しているが、ベアリングは昔からなかった」とのこと

でも今アッセンブリーを作っているのだからどこかのベアリング・.オイルシールメーカーが作っているはず

image


クラブ内外を問わずにこのオイルシールとベアリングについて情報をお持ちの方は
お教えください。

wp1


image



五嶋

いつの頃か右前スモールが時々作動しなくなった。
忘れた頃に一瞬再発し、すぐに元通りに。

意を決して故障探求をしてみた。


image

おそらく接触不良で発熱しビニール被膜が硬化し崩壊、銅線も硬化している。

修理後、幸いすぐに再発。


image


何度も正面から見たヒューズボックスだが、スモール点灯中に改めて見ると右端からなんと小さな火花と白煙が…
こちらも接触不良でハンダが溶けたのか?

8月5日のネットの記事でメーカーが絡む初代ロードスターのレストアサービスの記事を見つけた、わかりやすいのはこちら・・・
少し検索するとたくさんの反応が見ることができる。

そうかあれから27年なのか。
今ならまだ間に合うのか?

下は日経WEB版で「ロードスター」で検索をかけた見出しの一部
無料で月10件まで記事を読むことができます。
WEB版でなく、動きの少ないお盆と週末が絡み記事不足としても13日の朝刊でも掲載されています。


nk1


 

日常生活でたまに「311」に出会うことがある
前を走る車のナンバー、ふと時間を見ると3時11分・・・
でも先の大きな地震が3.11と呼ばれるのが少し複雑な気もします。
ae1

五嶋

 

image

ブレーキマスターシリンダーを室内側から見た画像。
比較的高温多湿から離れた立体駐車場に七年近く停まっていたが、こうなる前に手当てが必要だったな。

このページのトップヘ